犬山市生活支援体制整備事業

令和4年1月

NMC音楽サークルの活動

「NMC」とは西楽田ミュージッククラブの意味です
集会場で毎週木曜日に練習しています
音楽のジャンルは幅広く、フォークソングからジャズまでレパートリーが豊富です
活動は10年以上で、音楽が好きな仲間と毎週会えるのが楽しみです
コロナ前はおしゃれなカフェでライブを開催していました

MNCの音楽ライブをつどいの場でぜひ聴いてみたいですね~

善師野台キッチンカー

「善師野台」に週1回、キッチンカーが来ます。
調理済みのおかずを何種類か持ってこられ、アツアツを受け取ります。
常連さんは、家にある容器をいくつか持ってこられ、プラスチック容器を無駄にしない工夫をされています。
常連さんの名前はすでに把握され、和気あいあいと会話がはずみます。

木寿会

「木寿会」の新年初めての集まりは、太っ腹のボランティアの方々の力で、コーヒーや紅茶を頼んだ方(もちろん立派なお菓子がついています)には、おまけに薄茶がサービスで提供されました。
薄茶には栗饅頭も付き、そのうえ、昆布茶も後で出されるほどのサービスぶりでした。
新しい年にふさわしい集まりでした。
包括としては、どうしても前かがみになりがちなので、姿勢を正すようにすることが大事であるとお伝えし、一緒に体操やリズム運動を行いました。

楽田地区協議体に参加

楽田地区の協議体に参加してきました。

サロンや集いの場など、地域活動を続けていくためのノウハウが共有されていました。

補助金やボランティア保険についてなど、実際に運営をされている方々の気づきやアイデアは、貴重な情報だと感じました。

楽田老人福祉センター

11月の協議体で、施設の老朽化で、高齢者の転倒のリスクが高いという話題が出ました。玄関アプローチに段差があり、シルバーカーを利用している高齢者には、わずかな段でも危険が伴うので世話人さんたちは玄関から屋外に出るまでの間、見守りをしているようです。

施設は市の管理だから住民はDIYで直したいな・・と思っても手出しできません。
転ばないように気を付けることしかないね~と新年になり、施設に訪れるとなんと転ばない対策がしてありました。これで安心してつどいの場が続けられます。

楽田の中にある施設は古くても宝物です。危険な部分は利用している人が一番分かることなので、協議体で情報共有して良い方向にいくといいですね。