犬山市生活支援体制整備事業

令和3年5月

老人会「荘和会」ウォーキングサロン


毎月、尾張富士グリーンハイツの集会所で「体操サロン」を行っていましたが、コロナ感染拡大の為、「散歩サロン」を企画しました。当日は9名の参加者があり、天候にも恵まれ、池野の国の天然記念物となっている「ひとつばたご」が満開の時期だったので、そこまで往復2時間のウォーキングを楽しみました。また参加者全員「ちょこパト防犯ストラップ」をつけて防犯活動をしながらの企画でした。参加者も「たまには、こんな散歩サロンもいいねー。皆なと一緒に歩くと自然と歩けてしまう。気持ちいいねー。」とお喜びの声が聞けました。今後も「散歩サロン」は続けていきたい。と意欲がみられました。

 

「羽黒コミ便り」

羽黒の地域コミュニティとして、いろいろな地域活動を行っていますが、この1年コロナ感染拡大により計画した諸行事の大半が中止せざるを得なくなりました。このような環境の中で、羽黒地域の方と健康と暮らしに役立つ情報提供をと考え「羽黒コミ便り」を発刊する事となりました。その便りの中で「羽黒・池野地区高齢者あんしん相談センター」として情報を発信していく事になり、センターの周知活動に繋がる事となりました。

草刈りはスポーツだ!

犬山の丸山地区では、住民活動の先駆者として『一五会」(昭和21年~25年生まれの男性チーム)の皆様が地元の自治活動や防災訓練、運動会の準備や草刈りを担ってきました。一五会の高齢化と、次世代に引き継ぐ準備として、昨年あたりから地域の若手お父さん(30~50代)との関係づくりを進めています。今回はその一環として『草刈りはスポーツだ!』と銘打って、地域で参加者を募集しています。

通常「めんどくさい」「大変そう」と敬遠されがちな草刈りを、『スポーツ』として楽しもう!という趣旨が面白いと思います。

楽しむためのアイデア次第で、ささえあい活動の担い手も広がっていきます!

年金いきいきサロン

犬山南学供にて、年金いきいきサロンに訪問しました。緊急事態宣言下、体温測定や健康状態の確認、手指・物品消毒、換気、マスクの着用等、感染対策をバッチリされていました。                                                                                                                                   参加者さんは、レクリエーションに取り組まれていました。皆さん笑顔で参加されていました。

犬山市介護サービス事業者協議会に参加

 

犬山市介護サービス事業者協議会に参加してきました。

昨年度より新型コロナウイルス感染予防のため、十分な活動ができない中でも、zoom形式での会合や、勉強会を開催するなど、自己研鑽を進めていく介護サービス事業者の皆さんの意欲を伺うことができました。

個人的に、今年度は副会長の職を仰せつかりました。

介護サービス事業者の皆さんと一緒に生活支援体制整備事業を進めていけたらと思います。