犬山市生活支援体制整備事業

平成30年5月

第5回 協議体

開催日: 平成30年5月24日(木)
通算回数: 5回
参加人数: 15人

最近は近くに病院や買い物にいくことがなくなって心配になってきています。地域診断をするために社会資源を知るためにアンケートをすることになりました。まずはモデル地区として天神町にてアンケートを実施することになりました。全戸配布、回収は郵送としました。

第5回 協議体

開催日: 平成30年5月19日(土)
通算回数: 第5回
参加人数: 9人

・羽黒・池野の資源マップ作りをしてみました。池野地域はほぼ観光だけで商店も病院も何もないね。高齢者ばかりだけど生活大丈夫かなぁ?
・羽黒には羽黒コミュニティが作ったウォーキングマップがある。活用するといいね。
・八幡北老人会「和会」は日常的に顔の見える関係で見守り活動をされている。
・羽黒地区は婦人会が活発な活動をしている(高齢者サロン・俳句・体操・お花等)

一宮市 浅井地区の取り組みを視察

一宮市の浅井公民館で地域住民の皆様に向けた報告会(地域ケア会議)が開催されました。「施設のボランティア送迎による買い物支援」~介護施設、事業所が地域で活躍する時代~として、一宮市浅井地区にある社会福祉法人が、地域の高齢者の買い物支援を行う事例を発表されていました。
高齢者の移動、買い物困難な地域での活動として、とても参考になりました。