犬山市生活支援体制整備事業

羽黒・池野地区

老人会「荘和会」ウォーキングサロン


毎月、尾張富士グリーンハイツの集会所で「体操サロン」を行っていましたが、コロナ感染拡大の為、「散歩サロン」を企画しました。当日は9名の参加者があり、天候にも恵まれ、池野の国の天然記念物となっている「ひとつばたご」が満開の時期だったので、そこまで往復2時間のウォーキングを楽しみました。また参加者全員「ちょこパト防犯ストラップ」をつけて防犯活動をしながらの企画でした。参加者も「たまには、こんな散歩サロンもいいねー。皆なと一緒に歩くと自然と歩けてしまう。気持ちいいねー。」とお喜びの声が聞けました。今後も「散歩サロン」は続けていきたい。と意欲がみられました。

 

「羽黒コミ便り」

羽黒の地域コミュニティとして、いろいろな地域活動を行っていますが、この1年コロナ感染拡大により計画した諸行事の大半が中止せざるを得なくなりました。このような環境の中で、羽黒地域の方と健康と暮らしに役立つ情報提供をと考え「羽黒コミ便り」を発刊する事となりました。その便りの中で「羽黒・池野地区高齢者あんしん相談センター」として情報を発信していく事になり、センターの周知活動に繋がる事となりました。

認知症サポーター養成講座

羽黒在住の年金者組合犬山支部長さんより、依頼を受け講座を行いました。参加者14名。きっかけは、羽黒・池野あんしんだより冬号において「コロナ禍でも認知症予防をしましょう」を掲載し、それを見ての依頼でした。DVDを観たり体操を交えながら和んだ雰囲気で会が進み、質問も多く出ました。最後に2025年問題に触れ、認知症サポーターとして、地域の担い手として活躍いただけるように希望しました。

高橋サロン

久しぶりに再開され「げんこつ体操」が行われました。今まで高橋サロンは毎週、体操を行っていて筋力アップの効果が出ていましたが、この日は皆さん息切れがして「ヒーヒー ハーハー」と明らかに体力の低下を感じました。毎週定期的に継続して体操を行うのは大切な事と実感しました。

第31回協議体

コロナ禍において3ヶ月休止していましたが、久しぶりに開催しました。民生委員の方はちょうど高齢者の世帯訪問調査が終わったところで、昨年に比べて状態が変わってきて、気になる方が増えてきていて、コロナ影響が出てきている。というお話が出ました。老人会においては長引くコロナ禍で、活動自粛ではなくて、ウォーキング主体の活動や、見守りを主体としたサロンをやっていこうと、前向きな話が聞けました。「頭を切り替えて、やれる事で頑張っていこう」という意欲が感じとれた協議体でした。