犬山市生活支援体制整備事業

羽黒・池野地区

令和3年10月

「三世代ヨガサロン」

羽黒婦人会のサロンとして新たに立ち上がりました。
子育て中のママが指導者で、参加者は子育てママ、そのお子様、高齢者で、このサロンは多世代交流も目的の一つです。コロナ禍での開始だったので、現在は自宅を解放して行っていますが、今後は地域の集会所を利用していく予定でいます。補助金の申請もされ、必要な道具を揃えて活動の幅を広げていきたい!と、皆さん楽しくヨガポーズをとってみえました。多世代交流に期待!

10月協議体

池野地区のタウンミーティングに予想外の参加者があり、新たな池野の情報を収集する事が出来た。
羽黒・池野地区において8月以降、介護申請される方が大幅に増えてきた。その方達より「コロナで外出制限されたり、地域のサロンや老人会、自治会のイベントが中止となり、外出する機会が減り、人と話をする機会が少なくなり、生活全般に意欲がなくなってきた」と耳にする事が多く、地域の活動が大きく影響を及ぼしている。と再確認し、今後徐々に活動を元に戻して住民間の繋がりの輪が広がっていくと理想的な活動になっていく。と話し合いしました。

池野地区タウンミーティング

参加人数を心配しましたが、定員を上回る住民が集まって下さいました。2グループに分かれてワークショップが開かれましたが、今まで知らなかった池野地区を垣間見る事が出来ました!

皆さんの熱い想いが伝わりました。

「人と人が繋がって、助け合わないといかんよね。池野は過疎地でほとんどが高齢者で若者がいない。大きな災害も心配な地域だから。多世代が繋がらんと意味がないけど、繋がるには、何をどーやったらいいのかなあ!」と活発な意見交換ができました。市長が皆さんの質問や提案にコメントして下さり有意義な会となりました。新たな地域の社会資源も知る事ができ、実り多いタウンミーティングでした。

コスモスと彼岸花

五条川沿いや田んぼのあぜ道で、とてもきれいに咲いていました。初秋を感じとり、さわやかな気持ちになりました。花を見ながら散歩されている高齢者に出会い声を掛けてみました。「コロナで、ずっとどっこも出かけれんし、サロンも中止しとるし、家の中ばっかにおったらいかんで、きれいな花を見ながら散歩しとるがね」と笑顔で答えて下さいました。散歩の姿を撮らせてもらおうとお願いしましたが、「花に負けるでいかんがね」とあっさり断られました~!

9月協議体

度重なる緊急事態宣言で中止となりましたが、個々に情報共有しました。
羽黒の地域活動は、ほとんど中止でした。長引く自粛生活で、あちこちから高齢者の心身状態が変わってきたと耳にする事が多くなりました。
協議体メンバーも、把握されていて地域での声かけや様子観察をされていると伺いました。
池野地区においては移動支援の件で「3年先、5年先を見据えたら、必要な事でる。誰かが支援の手を差しのべないとコミュニティバスだけでは困難な状態が出てくる。
自分が移動支援の支援者になってもいい」と前向きな言葉を聞く事が出来ました。
コスモスベリーズ犬山店においては地道に見守り活動をされている事や「お困り事の解決」で草取りや家具の移動等の相談もあり、ご利用者様との常々の信頼関係があり依頼を受けているケースが増えてきています。とお話を伺いました。