犬山市生活支援体制整備事業

平成30年7月

第7回 協議体

開催日: 平成30年7月26日(木)
通算回数: 7回
参加人数: 9人

7月に行われた交流会での感想・意見が聞かれ、活発になされているという声が聴かれました。防災マップ(場所)の確認をしました。今は一人暮らしの人や認知症の人が住み慣れた地域で暮らしていけるように動いているけれど日頃からのつながりが重要では、との声が聞かれました。

老人クラブ連合会 定例会 出席

犬山市福祉会館にて犬山市老人クラブ連合会の定例会に参加し、犬山市の生活支援体制整備事業について紹介させていただきました。
生活支援コーディネーター、協議体についてご説明させていただくとともに、重要な地域活動の担い手である老人クラブの活動内容について理解することができました。

第7回 協議体

開催日: 平成30年7月21日(土)
通算回数: 第7回
参加人数: 8人

・第1回交流会の感想→羽黒・池野の協議体は身近な課題から取り組んでいるので、いいと思った。 組織化しなくて近隣でお手伝いできるところから始めたらいいね。羽黒コミュニティの方々にも声かけすると輪が広がりそう。
・「協議体」のチラシを作って広く住民に周知してもらって「輪」を広げたい。

平成30年度 犬山市2層協議体交流会

犬山市体育館:エナジーサポートアリーナにて、犬山市2層協議体交流会が開催されました。
市内5地区で開催されている協議体のメンバーが集まり、各地域での取り組み内容や、地元の社会資源の発表を行いました。昨年末から始まった2層協議体、各地域ともに地域課題の共有、社会資源の情報集約が行われています。
その中で「協議体」の在り方や、活動の進め方に対する理解を深めるため、さわやか福祉財団の長瀬純治様にアドバイスをいただきました。全国の事例や、市内他地域の情報を聞く中で、協議体メンバーの方々の意欲がさらに高まったように感じました。

善師野台移動販売

開催日: 平成30年7月10日(火)
通算回数: 第5回
参加人数: 13人

城東地区の大きな課題は、移動です。商店、病院などが近くにない地区が多くあります。その課題解決のため、協議体で話合いを行い善師野台地区に移動販売業者を招致しました。車を停めて売れる場所を探していた移動販売業者に、住民ネットワークによる場所の紹介という『マッチング』がここでは行われています。すごいです、住民ネットワーク!!毎週土曜日、善師野台に移動販売が来ています。よかったら、きてみてください(^^)