犬山市生活支援体制整備事業

犬山市全域

生活支援

西楽田ささえあいの会に視察

 

扶桑町の生活支援コーディネーターより、西楽田団地のささえあい活動について関係者から話が聞きたいとの意向があり、西楽田ささえあいの会事務局の皆様にお願いするかたちで、扶桑町社会福祉協議会の視察につながりました。

西楽田ささえあいの会は犬山市内でも先行事例であり、住民主体の活動として素晴らしいモデルケースです。

発足までの経緯、活動の準備、実際の活動内容などを伺う中で、事務局の皆様の苦労と地域住民の皆様の協力体制を理解することができました。

扶桑町からお越しになられた皆様にも伝わったことと思います。

こうした活動がたくさんの地域に広がっていくことが望まれます。

西楽田ささえあいの会事務局の皆様ありがとうございました。

一宮市浅井地区 買い物支援を視察

一宮市浅井地区の買い物支援を視察してきました。
デイサービスセンターの送迎車を利用して、地元の高齢者の方々がスーパーマーケットに買い物に出かけてみえました。
デイサービスを運営する社会福祉法人の社会貢献と、町内会(自治会)の協力(マッチング)で実現できた素晴らしい取り組み事例だと思いました。

一宮市 浅井地区の取り組みを視察

一宮市の浅井公民館で地域住民の皆様に向けた報告会(地域ケア会議)が開催されました。「施設のボランティア送迎による買い物支援」~介護施設、事業所が地域で活躍する時代~として、一宮市浅井地区にある社会福祉法人が、地域の高齢者の買い物支援を行う事例を発表されていました。
高齢者の移動、買い物困難な地域での活動として、とても参考になりました。