犬山市生活支援体制整備事業

犬山市南地区

つどいの場

ひまわりの会

毎週金曜日の14:30から行われている、ひまわりの会に行ってきました。体操をしたり、後出しジャンケン、生のギター演奏に合わせて体を動かしたりと楽しく参加できました。話の中で「指標追跡」という、顔でなく目を動かして物を見る事が転倒予防につながる、とボールを目で追う体操も行いました。

桜が丘・時迫間たのしいサロン


毎月第一金曜日に開催される第1桜が丘集会所の、たのしいサロンに参加しました。コロナの影響から参加人数は7名と、通常の半分程でしたが初めて参加された方もみえました。話の中で、近隣に白色のカラスがいたとか、深夜帯のラジオで懐メロが聞けるなどの話もありました。また、参加者の誕生日を祝うために拭き戻しを使う、楽しい催しもありました。

橋爪中公民館 ラジオ体操

毎日橋中公民館にて6:30から行われているラジオ体操についてです。夏休み中という事もあり、小学生やその保護者などの参加もあって、全員で30人程集まっていました。体操終了後は小学生達がカードを持ちより、スタンプを押してもらうというお馴染みの光景がありました。

西コミュニティ 朝市 ・ ラダーゲッター

毎週火曜日に犬山西ふれあいセンターにて、朝市があると聞き訪問してきました。

品物の中には地元の方が栽培した新鮮な野菜も並んでいました。

また今回は毎月第4火曜日に開催されているラダーゲッターも丁度行われていました。

買い物してからラダーゲッターにも参加できるという事で、充実した時間が過ごせる事間違い無しです!

こだまの会

余遊亭にて失語症の方々の集まりである、こだまの会に参加してきました。
コロナにより中止となっていた音楽療法が、久しぶりに開催されました。
正しくやるより笑いながらやる、との講師の言葉から楽しい時間となりました。
また会ではコロナ禍で参加できない会員とも交流が続けられるよう、助成金を利用しつながりを保ったり、
会を活性化するようにしていかれるそうです。