犬山市生活支援体制整備事業

犬山市南地区

協議体

協議体(全員集合)

犬山南地区の協議体(全員集合)を行いました。今回は「南地区らしさ」というワードが、話し合いの中で出てきました。どうやらお店や医療機関が沢山ある事が、「南地区らしさ」のようです。また引き続きフリーマーケット開催に向けて話し合い、まず一部の地区で試行的に行っていこうという事になりました。今日の参加者だけでなく、他の方々にも協力いただく事が大切だという意見も出ました。

犬山南地区協議体 (全員集合)

犬山南地区の協議体(全員集合)を行いました。今年は多世代交流をするために、フリーマーケットができたらという案が出ましたので、皆さんの協力をいただきながら、開催に向けて調整していけたらと思います。マジックも披露していただきますので、お楽しみに!

犬山南地区協議体 (全員集合)

新型コロナウィルス感染症による感染予防を徹底して、協議体を行いました。各地区の近況や今後について情報交換をしたり、コロナ禍だからこそ横のつながりが必要だという意見も聞かれました。

次回はみんなで書類作成について学ぶ予定です。

犬山南地区 協議体 (全員集合) 4月

感染対応に注意しながら、協議体を開催しました。地域の情報交換をしました。子ども110番が新聞に掲載されたそうです。              サロン等で時々開催される、企業の講座などを一度聞いてみたいとの話もあり、今後、協議体でも勉強や講座の機会を作っていく予定です。                           新型コロナウィルスの影響から約1年が経ちました。動きづらい世の中が続きますが、皆さんで乗り越えていけたらと思います。

1月15日(金) 犬山南地区協議体(全員集合)

協議体の開催について住民メンバー、1層生活支援コーディネーターと話し合いを行い十分に感染対策を行いながら実施する事にしました。
今月は、南小学校の通学路とこども110番の家の場所をフェースシールドを着用しながら地図上に記入していきました。
通学路が大きな通りから外れている事やこども110番の家が少ないことが分かりました。今後は、通学路でトイレの借りれそうな場所について話し合いをする予定です。