犬山市生活支援体制整備事業

楽田地区

つどいの場

「なんてんの会」でフラダンス

楽田の住民の方からフラダンスをつどいの場で披露したいと依頼がありましたので「なんてんの会」をご紹介しました
南部高齢者活動センターは、広い畳の和室にステージがあるので、フラダンスを披露するには、とても環境の整った会場でした
簡単なフラダンスを参加者全員で踊りました
盆踊りのような手振りになっていても一生懸命参加することに楽しさがありました

いちごの会

協議体のメンバーさんが見学を希望され、一緒に参加しました
世話人さんがどのようにサロン活動されているかお話を伺いました
脳トレやリズム体操、折り紙を使って小物作りなど、生活意欲の向上につながる
メニューをいろいろ工夫されています
スポーツボイス設置の施設なので、第一興商の脳トレメニューが豊富にあります
壁に映った体操指導の先生を見ながら体を動かしています

特殊詐欺防犯教室

地域サロン「なんてんの会」で犬山市産業課の防犯教室が開催されました。
消費生活センターの相談実績やインターネットやテレビで注文する際の返品特約などについて注意喚起を行いました。参加者からは「強引な訪問販売にきちんと断る自信がない」「無料という言葉につい気を取られてしまう」「近所で空き巣被害があった」など講座に参加して防犯意識を高めて被害に遭わないようにしてほしいです。

つつじヶ丘地域交流会

竹伐採作業の後、住民ボランティア、学生ボランティア、地域住民が集会場に集まりコーヒーサロンを開催しました 町内在住の方で数十年喫茶店を経営されていた方に美味しいコーヒーを淹れて頂けることになりました 喫茶店は閉店しましたが、地域に戻り自慢のコーヒーを振舞うことができ「今日みたいな出番を待ち望んでいました」と元オーナーご夫妻は今後の町内イベントにも協力して頂けそうです 次はどんなイベントが開催されるか楽しみです

      

散歩サークル

勝部地区の町会長さんに協力して頂き、回覧板でサークル活動のチラシを回してもらいました。1件お問い合わせがあり、去年から町内の女性が仲間に加わっています。皆勤賞の男性は健康であるために毎日実施していることは・・「1日、10人の人と会話し、散歩は1万歩、100文字書くように心がけている」とお話されました。今回は生活支援コーディネーターだよりを配布し、「散歩サークル」が記事に載っていることや他地区ではどんな活動をしているのかを参加者の人たちと情報共有し、ご近所同士だから安心して地域交流活動ができている様子が伺えました。