犬山市生活支援体制整備事業

楽田地区

西楽田ささえ愛の会

さわやか福祉財団の情報誌「さあ、言おう」の8月号に掲載
「住民自治から助け合い活動へ 高齢化した一戸建て団地の取り組み」について
事務局長さんと電話面談をしました

2017年にさわやか福祉財団が講師で3回のセミナーがありました
2回目のセミナーで支え合いゲームをしました
参加者の一人が「腰が曲がってしまい、誰かお願いできませんか?」と
草取りカードを高く掲げました
そして他の誰かが「私やります 草取りなら任せてください」と
カードを受け取りました
今、西楽田団地では支え合いゲームが実現しています
現在に至るまでいろいろなことがありましたが
ささえ愛の会のスタッフは、温かい心を持った人ばかりで
みなさんに支えられていますと事務局長さんからお話を伺いました

オンライン協議体

これまで対面式で行っていた協議体をオンラインで開催しました
途中で音声が途切れたり、画面から急にいなくなったり
不思議な出来事がありましたが、しっかりメンバーさんのお顔を
見ながら地域情報を聞くことができ「オンライン協議体」を
体験することができました

今回は「楽田のまちで打ち上げ花火」や「散歩サークル」の
活動状況などの地域情報を聞くことができました
コロナだから全部やめる!ではなく、こんな状況の中で、どうやったら
住民同士がつながるのかな・・を考えていきたいです

 

つつじが丘の住みやすいまちづくり

民生委員さん、元自治会長さん、協議体メンバーさんの4人が集まって、わがまちつつじが丘をもっと住みやすくするにはどうしたら・・・を考えるチームが結成されています

話し合いに参加していた自治会長さんを通じて、自治会で話し合ってもらい、ゴミ置き場にゲージを設置することができました

 

つつじが丘のまちづくりは高齢者も子供も若い世代もここに住んでて良かった!と思うようなタウンを目指し、自治会と一緒に進めていく予定です

桃山台グランドゴルフ

指定緊急避難場所でもある広いエナジーサポートグランドで、地域住民の方々が週3回(月・水・金)集まっています

8時半に集合し、ゲーム前にラジオ体操をします この日は朝から気温がかなり上がり、日差しをさえぎる物がないので、みなさん汗びっしょりです

のんびりとプレーするイメージのグランドゴルフですが、実はエネルギー消費量が高く運動不足解消になるスポーツです

  

青塚古墳の草刈りボランティア

青塚古墳を囲む5つの町内に回覧板で草刈りボランティアを募集しています 楽田の宝物「古墳」を大事に見守る人たちが大勢集まってきます

普段は入ることのできない墳丘は大縣神社さんによるお祓いをしてから草刈りをするそうです

本日は数人の方が芝刈り作業をされていました 休憩時間にお話を聞かせていただきました

 

地元の青塚古墳のために30度の気温の中、作業してくださる地域住民の方々には頭が下がりました

地域の資源を宝物と呼び、地域の人に教えてもらい、尊重する気持ちで地域情報を集めています 地域の人にその気持ちが伝わり、信頼関係が築けるよう心がけています