犬山市生活支援体制整備事業

城東地区

その他

認知症サポーター養成講座

民生委員の会長より「認知症サポーター養成講座」の依頼を受け本日開催しました。
認知症サポーターの役割や認知症予防など”認知症を正しく理解”について講義しました。途中、寸劇や頭の体操を行った際、笑いが・・・。皆さん、しっかりとメモをとり実のある時間となりました。最後にオレンジリングを配付しました。日頃、住民に寄り添い相談にのっている民生委員児童委員さん、感謝です。

『善笑の会』サロン役員と情報交換

『善笑の会』善師野台サロンの役員の方と情報交換をしました。
コロナ禍で活動を自粛していましたが、今月久しぶりに開催したそうです。おじゃまできなくて残念。
今回の活動は、今まさにというフェースシールドの作成だったようです。役員さんが、プラスチック板などの部材を下準備し、みんなで工作、そして素敵なフェースシールドが完成。自分の好みで、テープやシールも選べます。写真を見て下さい。売ってるやつみたいでしょ。
なにもしてないのに、フェースシールドもらっちゃいました。ありがとうございます。(^^)v

『犬山市協働プラザ』に訪問しました

犬山市協働プラザは、まちづくり拠点施設として、今年の4月にオープンしました。交流場所の提供、事務機器の利用、情報提供、マッチングなど多岐の活動をしており、ホームページや広報にも掲載されています。プラザは「犬山協働まちづくりコンソーシアムジョイン犬山」が犬山市から委託を受けて運営しています。
集まる場所に困っている団体や事務機器を使いたい人には、とっても便利。これから、わたしも地域のみなさんにご案内していきますね。(^^)/

『ミラマチ栗栖』リーダーと情報交換

ミラマチ栗栖のリーダーとお話をしてきました。
ミラマチ栗栖は、まちづくりを行う住民団体です。そして、栗栖という地区は木曽川に接したのどかな地域です。その活動の中に、木曽川の風景をよみがえらせるための竹林や遊歩道を整備する活動があります。地道なボランティア活動で木曽川の岸辺は整備され、活動は新聞や広報などのメディアにも取り上げられました。しかし・・・整備されていた岸辺は、今年7月の豪雨で風景が激変。竹林が壊滅し栗栖の橋渡し跡や遊歩道が荒れてしまいました。
それでも、リーダーはめげることなく「今日も明日も整備にあたります!!」と元気に話され、なんだかこっちも元気をいただきました!!!