犬山市生活支援体制整備事業

協議体

協議体

協議体

今回の協議体では局地的な大雨が降り続いて、犬山市内でも各地域に避難指示や土砂災害警戒警報が出された事もあり、防災についての話題が出ました。特に池野地区においては身近に危険な山や川、入鹿池があり過去にも大きな被害が出た地域です。昨年より各町内での避難訓練がコロナ禍で中止となっていますが、災害はいつ起きるかわからないので、住民同士が繋がって協力して助け合わなければならない。コロナだから、何もかも全部中止にしてしまうのではなく、やり方を工夫してやっていかなければいけないのではないか。こんな世の中だからこそ、住民同士の繋がりは大切だと思う。一人暮らしの方の行動範囲や誰とよく連絡を取っているのかを知っていると、いざという時に役に立つのではないか。
また住民同士が支え合おうと思うと多世代間の交流が必要ではないか。多世代が交流しようと思うと、どんな活動をすると集まりやすいのか。と意見交換しました。
長者町では行方不明者が出て、犬山市の「あんしんメール」が流れた事で民生委員、町会長さんを中心に住民が集まって炎天下の中で捜索活動が行われました。ご家族様が本人の着衣がわからなかったので、町内に設置してある防犯カメラで確認が取れ情報提供が出来ました。他の町内でも防犯カメラが設置してあるところがあり、個人情報上、賛否両論ありますが、いざという時には役に立つのではないか。と話し合いました。

オンライン協議体

これまで対面式で行っていた協議体をオンラインで開催しました
途中で音声が途切れたり、画面から急にいなくなったり
不思議な出来事がありましたが、しっかりメンバーさんのお顔を
見ながら地域情報を聞くことができ「オンライン協議体」を
体験することができました

今回は「楽田のまちで打ち上げ花火」や「散歩サークル」の
活動状況などの地域情報を聞くことができました
コロナだから全部やめる!ではなく、こんな状況の中で、どうやったら
住民同士がつながるのかな・・を考えていきたいです

 

西楽田団地『ささえ愛の会』、犬山北地区協議体、情報交換会

犬山北地区協議体と『西楽田団地ささえ愛の会』の情報交換会は、コロナ禍で幾度となく予定変更となっていましたが、やっと開催することができました。

犬山北地区協議体では、丸山地区でのささえ合い活動づくりを目指し、アイデア出しを進めてきました。その中で、西楽田団地ささえ愛の会の先行事例をぜひ伺いたいとの希望で今回のマッチングとなりました。

西楽田団地ささえ愛の会:運営委員のメンバーの方々から、立ちあげの経緯、運営方法、取り組みの様子や苦労したこと等、詳しくお話しいただくことができました。

他地域からも『うらやましい』と言われるほどのささえ愛の会。

こうした活動が市内のあらゆる場所に広がっていくと良いと思います。

西楽田団地『ささえ愛の会』&犬山北地区協議体 交流会

西楽田団地にお邪魔して、ささえ愛の会の皆さんにお話しを聞く事ができました。

ささえ愛の会立ち上げの経緯や、活動内容、運営方法など具体的な話を惜しみなく教

えて下さいました。

北地区の今後の活動に活かせるようなヒントをたくさんいただきました。

会場の準備から資料まで、至れり尽くせりの対応に感動です。ありがとうございまし

た。

羽黒地区協議体に参加

羽黒地区協議体に参加してきました。

地域の話題や、活動内容など情報を共有されていました。

静岡県で起きた土石流の話題から、地域での防災についても考える機会となりました。

入鹿池の『入鹿切れ』だけでなく、過去に池野地区で起きた土砂崩れなど記録が残っていないものもあるとのこと。

地域の事=自分事としてとらえることで、ささえあい活動も広がっていくと思います。